ギターを始めたい!

やるからには、大好きなバンドのサウンドを弾けるようになりたい!
ギターを始める際、誰もがそう思います。

 

弦マガ編集部担当もそうでした。

 

でも、ギターを始めるにあたって右も左もわからない。。。

  • どんなギターを買えばいいの?
  • 必要な機材って?

 

今日は、現在人気のあるバンドの使用機材から、初心者にオススメの機材をセレクトしてみたいと思います。

 

ギターには大きくタイプが2種類

巷には様々なデザインのギターが多く存在していますが、
ロックで使うようなギターには大きくタイプが2種類存在します。

 

Fender系

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Squier by Fender Bullet Stratocaster Hard Tail 【期間限定★送料無料】
価格:20412円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

腰があり、シャキっとしたサウンドが特徴的です。
これは、ギターに使用されている木材によるところも多いのですが、
ギターにとりつけられたマイク(ピックアップといいます)の要因が大きいです。

 

このマイクのことをシングルコイルピックアップといいます。

 

ノイズに弱いため、ハードロックやメタルでは使用されることは少なく、
聴きやすいロックやポップスによく使われます。

Gibson系

甘く、マイルドな音が特徴です。

 

こちらは、シングルコイルが2つくっついたようなピックアップが使用されており、
ノイズに強く、ハードロックやメタル系ギタリストに愛用されています。

 

このピックアップをハムバッキングと呼びます。
Fender系のように煌びやかなトーンは苦手ですが、ファンクなどでも使われることがあります。

 

 

アンプやエフェクターで音が変わる

エレキギターは、生音はとっても小さいです。
アコースティックギターならば空洞があって音が増強されますが、エレキギターにはそれがないため
弾いても、シャリシャリいうだけで生音は大きくありません。

 

これをアンプやエフェクターを通すことによって、みなさんが思い描くようなエレキギターサウンドに変換していきます。

 

 

アンプ

いろいろなメーカーから製品が出ています。
メーカーによりサウンドキャラクターは様々ですが、
音の種類は主に2つです。

クリーントーン

エレキギターを接続したそのままの音となります。

 

アコギの音とは違いますが、3ピースバンドのギターVoがバラッドの歌い始めに
じゃらんと鳴らした音というとわかりやすいかと思います。

ドライブトーン

通称”歪み(ひずみ)”といいます。ゆがみではありません。

 

元はアンプを最大音量にして、音を割らせることでドライブトーンとしていましたが
今は機械的にできます。クリーントーンよりもリミッターの効いた、所謂ギターサウンドが出ます。

 

先ほどの例でいえば、3ピースバンドのギターVoがバラッドのサビを歌う際や、ギターソロを弾く際に使います。

 

このギターアンプを自宅で持っている人もたくさんいますが、
基本的には、リハーサルスタジオで使うものと解釈していただいてかまいません。

 

したがって初期に購入する必要はないと思います。
どちらかというと後述する、エフェクターを買いましょう。

 

 

エフェクター

エレキギターの音に様々な音色変化を与えるアイテムです。

 

基本的にはギター⇒エフェクター⇒ギターアンプの順に接続します。
アンプの項目で説明した”歪み”自体もエフェクターで再現することができます。

 

エフェクターには効果によって、オーバードライブ、コンプレッサー、コーラス、トレモロ、ディレイ、リバーブなどなど様々なものが存在します。

 

コンパクトエフェクター

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

BOSS ( ボス ) OD-1X 【オーバードライブ 】
価格:16200円(税込、送料無料) (2017/8/11時点)

 

BOSSを始め様々なメーカーから製品が販売されています。
手のひらサイズのペダルです。これらを複数組み合わせて独自のサウンドを出します。

 

基本的に上記の効果ひとつに対し、ひとつのペダルとなります。

 

ペダルにもよりますが、基本的にはアナログ回路のものが多いです。

 

 

マルチエフェクター

昨今のデジタル技術を駆使することで、上記のエフェクトをまるっと一台に詰め込んだものです。
これも各種メーカーからリリースされています。

 

マルチエフェクターの中にはアンプシミュレーターつきのものがあります。
ヘッドホン端子や普通のスピーカーに接続することでギターアンプを通したようなサウンドをシミュレートできる機能です。

 

これがあれば自宅にアンプは不要となりますので、必ずアンプシミュレータつきを購入しましょう。

 

オススメはZOOMのG1XonかG1onです!

 

人気バンド別!オススメ機材!

RADWIMPS

映画「君の名は。」で大ブレイクしたRADWINPSです。
使用機材を見ていくと下記になるようです。

使用ギター:
Psychederhythmギター
Gibsonレスポール
使用アンプ:
ヒュース&ケトナー
マーシャルJCM2000
マッチレス DC-30

Psychederhythmというのは工房オリジナルのギターのようですね。

 

サウンド的には甘いクリーンとジャキジャキの両立といった感じです。
このサウンドですとGibson系のギターがオススメです。
ピックアップがハムバッキングのものがよいです。

 

オススメはこちらです。

エフェクターはZOOMのG1Xonにマーシャルやマッチレスのアンプシミュレーターが入っているので、
RADの音も再現することができるでしょう。

ONE OK ROCK

若者に絶大なる人気のワンオク。
ボーカルtakaの唯一無二のシャウトが特徴ですが、そのボーカルが映えるラウドなサウンドとなっています。

 

そのサウンドを再現するならPRSのギターがオススメです。
がとても高いので、PRS SEという廉価モデルを入手するのがよいでしょう。

 

同じメーカーなので、デザインも同じです。

 

使用アンプはマーシャルです。
ワンオクのギタリストは、マーシャルのアンプに加え、様々なコンパクトエフェクターを使用しサウンドを作っています。

 

それを再現するにはやはりマルチエフェクターがオススメです。

ZOOMのG3Xnなら最大7種のエフェクトを同時にかけることができ、エクスプレッションペダルも内蔵されているのでワウも可能です。
これらをミックスすることでワンオクサウンドを再現することができるでしょう

BUMP OF CHICKEN

続いてバンプオブチキンです。
彼らのサウンドはVoはFender系、GはGibson系となります。
タイプの違うギターを使うことによって、帯域の被らないアンサンブルを実現しています。

 

なのでギターボーカルとしてやりたい型はFender系、リードギターをやりたいならGibson系を選ぶとよいです。
アンプはこちらもマーシャルやマッチレスを利用しています。

 

マルチエフェクターで再現させちゃいましょう。

BABY METAL

バックバンドが神として崇められる時代です。藤岡幹大さんや大村孝佳さんのテクニックはまさに神技。
彼らの音を再現する場合は、ESP系の7弦ギターを選ぶといいと思います。

 

ギターは通常6本の弦ですが、低い方の弦を一本増やすことでデスメタル特有のラウドな感じのサウンドが再現できます。

 

ESPも高めの価格ですが、予算の都合上、アイバニーズというセレクトも十分ありです。
(どちらもプロが使うイカしたメーカーです!)

 

アンプはマーシャル系にワウペダルやゲインブースター(追加のオーバードライブ)が基本となります。
ワウを使うので、フットペダルつきのマルチエフェクター、ZOOMのG3Xnや、BOSSのGT-1(どちらも上で紹介しています。)あたりがよいと思います。

 

 

 

おすすめの記事