昨今はギターでもラインで十分な音質で録音できるようになりましたし、
ドラムマシンも高音質であらゆる強さでサンプリングされた音源もあるので、
自宅でもCDクオリティの作品が制作できるようになりました。

 

でも。

 

ボーカル録音のときは、スタジオで。。って方多くないでしょうか?

 

やはり一人暮らしのキャパですとボーカルブースを設けるのは至難の業です。

 

個人ユースの防音室はいくつか発売されていますが、その中で一番小さいものはだんぼっちでしょうか。

 

しかしこれも結構大きく、1Kやワンルームの部屋にはとてもじゃありませんが置けませんし、分解できるといっても早々カンタンにできるものでもありません。

 

頭まわりだけ防音できるようなものはないのか?

 

ずっと考えていたんですが、スウェーデン発のisovox2ならばそれが実現できます。

 

 

宅録用!最少ボーカルブース!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ISOVOX/ISOVOX 2【在庫あり】
価格:118000円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

isovox2は、主に頭周りをボックスで覆う新しいタイプのボーカルブースです。
ボックスの中にはマイクを立てることも可能で、これで本格的なレコーディングをすることも可能です!!

 

PAスピーカースタンドで設置

頭から肩あたりまでの防音グッズとなりますので、スタンドが必要となります。
一般的に売られているPAスピーカースタンドで固定することができます。

 

 

800mm*490mm*470mm、11kg!

なんといっても売りはこのサイズでしょう。

 

このサイズならば一人暮らしでも十分置けるサイズです。
マジックテープとファスナーで組み立てるものですので、分解することも可能です。

 

弦マガで購入して使ってみたレビュー

今回弦マガ編集部では、実際にisovox2を購入し、組み立て設置を行い、
その防音性能を試してみました。

 

前述のようなサイズなので、段ボールは結構大きいです。

折りたたみの自転車と同じくらいの高さのダンボールです。
ダンボールから出すと、化粧箱が出てきます。
輸入ものですので、化粧箱が凹んでいる場合もあります。

 

まあそもそも狭い部屋で行うためのものだと思ってますので、化粧箱を取っておくこともないと思いますので、気にしません。

 

組立は説明書を見ながら行って、15分くらいだったと思います。
結構ファスナーが固いのでそのあたりが難航しました。

 

あと11kgなので結構重いです。

 

PAスピーカースタンドが弦マガ編集部になかったのですが、
ドラムの練習用パッドに乗せて壁に寄りかからせる形で、設置はできました。
(こちら壊れない保証はできません)

 

後にサウンドハウスさんでCLASSIC PRO製のSPSを購入し取り付けましたが、
パイプ径35mmで若干余裕がある感じでした。
CLASSIC PROのスピーカースタンド

SPSは38mmにも対応しており、isovox2のパイプ径仕様は38mmとなっていますが、
38mmでは差し込むことができませんでした。注意が必要です。

 

中には単4電池*3本利用したLEDライトを取り付けることで明るくできます。
内壁側にLEDを当ててやると間接照明っぽくなってかっこいいです。

中には付属の金属の棒をネジで差し込み、上部にコンデンサーマイクのショックマウントを取り付けることができます。
マイクケーブルを通す穴もあります。

 

で使ってみた感想です。

 

結構音漏れます。。

 

いや、そりゃ肩までの防音なので仕方ないのですが、
マイクケーブルを通す穴や、肩まわりに吸音材を追加するとよいかもしれないです。

 

吸音性能はいいので、鉛シートで遮音してあげるとさらに防音効果は期待できそうです。

※鉛シートはクロスなどでカバーをしたほうがよいです。

 

防音性能

弦マガ編集部でisovox2の防音性能を同時に調査してみました。

人の声の場合

男性の声で実験しましたが、isovoxの上部や横、下部でそれぞれ計測し生声との比較をした結果、

 

声 isovox2なし 70dB
声 isovox2あり 60dB

 

となりました。大体10dBの防音効果があるようです。

500Hzの音

続いて500Hzの音を鳴らした場合の結果です。

500Hz isovox2なし 50dB
500Hz isovox2あり 43dB

 

およそ8dBの防音効果でした。

1kHzの音

​続いて1kHzです。ミックスでも重なりやすい場所かつ、ミドルの強い部分です。(余談ですが、ミックスでこの帯域を減らすと長時間聴いても疲れない心地よいサウンドになります。)

1kHzisovoxなし 65dB
1kHzisovoxあり 55dB

 

こちらも10dBほどでした。

2kHzの音

倍音成分が強くなってくる帯域です。

 

2kHz isovox2なし 70dB
2kHz isovox2あり 52dB

 

18dBほどの防音効果がありました。防音や遮音というのは低音ほど難しいと言われているのですが、やはりisovox2でも同様のようです。

 

 

弦マガ編集部は、RC造(鉄筋コンクリート造)の部屋にあるのですが、
窓を閉めて大声で歌ってみたのをベランダに設置したPCMレコーダーで録音をしてみました。

 

結果、遠ーーくで微かに聞こえる程度まで防音することができました。
シャウト系でなければ、十分自宅利用に耐えるものだと思います。

 

ただ、木造アパートだと厳しいかもしれません。

 

 

音質

isovox2は本来、レコーディングブースとして作られたものですので、音質についても少しレビューします。
音自体はリフレクターを設置したようにクリアに録音できます。いやそれよりもボックス型で覆う部分が多いため、かなりドライな音が録れるといってよいでしょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?
自宅に本格的なボーカルブースを設置したい。

 

だけどスペースがない。。

 

なんて悩んでいる全国のボーカリストさん。

 

isovox2ならば、必要最小限の面積だけど防音ができるかもしれません。
是非お試しください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ISOVOX/ISOVOX 2【在庫あり】
価格:118000円(税込、送料別) (2017/6/17時点)

おすすめの記事