昨今はペダルボード自体の軽量化も進み、従来のボード型から
PedalTrainのようなスノコ型などバリエーションも様々です。

 

また、エフェクターを固定する道具も様々あり、
安価にペダルボードを構築できる時代となっています。

 

なぜエフェクターは軽量化されない?

編集部は常々思っていたのですが、
なんでエフェクター自体は軽量化がされないのだろう。。

 

編集部のある東京では、車文化ではなく、キャリーカートで運ぶ人が多いです。
カーシェアリングなど、車を持たずに使えるようなサービスもありますが、

 

そもそも地下鉄などが便利すぎるので、まだまだ電車の人が多いでしょう。

 

でも、他の乗客からしてみたら重機を運ぶのは迷惑ですし、
もっと軽くできないかと思っていたのです。

 

そもそもエフェクトボード自体に固定をしてしまうので、
エフェクター自体に重み、安定性なんて不要な時代なのです。

 

そんな中やっとのことでミニエフェクターが出始めました。

 

本日は、軽量ワウペダルのランキングをしてみたいと思います。

 

WAHペダルにはかかり具合にこだわりがある方も多いと思いますが、今回は単純に重量でのランキングとなります。

 

それぞれの個性については記載していきますので、ランキングに拘らず、自分に合いそうなペダルを探してみてください。

 

ミニワウペダル重量比較ランキング

 

第1位 340g HOTONESOUL PRESS

552ced4e8ca27_HOTONESoul-PressEffetto-per-ChitarraHOTN-SP-1003

 

 

堂々の第一位はなんとの340gです。
出力ジャックを抜き差しせずにVolとWahの切り替えができるアイテムで、ステレオケーブルがあればエクスプレッションケーブルとしても使えます。

 

サイズは62.5(W)× 138(D)× 51mm(H)

 

最近のスマホと変わりません。

 

トゥルーバイパス使用でWah自体はCrybabyを再現モデルとなっています。
踏み込み角度もCryBabyと同様です。

 

なお電源は9V乾電池か、通常のエフェクターで使われるセンターマイナス9V DCなのでパワーサプライ等も問題ないと思います。

 

 

第二位 約440g Jim Dunlop CBM95 CryBaby Mini Wah

CBM95

 

 

第二位は本家ジムダンロップのCryBabyです。

 

ジミヘンやクラプトン御用達のブランドですね。
440gで80(W)×132(D)×63mm(H)

 

これまで従来のペダルを使ってきた方のために、高さや踏込角度をそのままにしています。
インダクターは伝統のファセルでもちろんトゥルーバイパス。
内部スイッチでロー/ビンテージ/GCB95とサウンドを変えることができます。

 

 

第三位 約470g AMT Electronics/ワウペダル WH-1 Japanese girl

 

第三位はAMTです。470gで62(W)x110(D)x 58mm(H)
こちらもバンドパスフィルターを3種類に可変可能なモデルで、トゥルーバイパスです。

 

青色インジケータ搭載なので、ONOFFがわかりやすくできています。
独自の技術でガリとは無縁のメンテナンスフリーである点が高評価です。

 

 

 

第四位 625g Plutoneium / Chi-Wah-Wah

chiwahwah

 

 

第四位は625gのチワワウです。
WAHペダルの小型化はここから始まったという革新的モデルです。
72(W)×133(D)×59mm(H)となります。

 

こちらはペダルが独特で、通常のWahペダルとは逆に(かかと側)踏み込む感じになります。
タッチセンサーがあるので自動でONOFFとなるのが他のモデルとと差別化されています。

 

 

第五位 920g MORLEY Mini Morley Wah MMW

 MORLEY Mini Morley Wah MMW

 MORLEY Mini Morley Wah MMW
価格:12,960円(税込、送料別)

 

第五位はMOREYでした。重量としては重いですね。
MOREYといえばスティーブ・ヴァイ巨匠がお使いですね。
(Passion and Warfareは本当に名盤!)

Passion & Warfare

新品価格
¥2,612から
(2015/6/11 17:06時点)

オプティカルセンサー搭載で、ノイズレスで音ヤセの少ない構造です。
サイズ的に114(W)×171(D)×88mm(H)とやや大きめですが、
ワウ音量の調節ができるので便利です。

 

見た目で選んでもいい

結局のところ、エフェクトボード内の見た目で選んでもいいと思います。
色鮮やかなペダルボードは自慢したくなりますし、ステージ上あまり見えませんが
ちらりとみれる色鮮やかなボードたちはステージに彩を加えてくれます。

 

300g~500gってどれくらい?

今回このようなランキングになりましたが、グラム数言われてもわかんねぇよ!って言われそうなので、
一応目安を書いておくと

300gというと、ラーメンだと大盛りくらいの量ですね。
500gは超大盛り。つけ麺屋の最大サイズくらいですw
(ギタリストはラーメン好きと勝手に思っている)

他にも
300g:メガマック、ipadmini、お米2合、トイレットペーパー1個
500g:中身入りペットボトル500ml、ヤングジャンプ

家の近くに楽器屋がない方は参考にしてみてください。

 

ちなみに筆者なら

ワウペダルはかかり具合やレンジ、トゥルーバイパスなど、音色がメーカーそれぞれあり、
音にこだわる方は、「これじゃななきゃ嫌!」という方が多いと思います。

 

筆者も昔はそうでした。「Budda-Wah」でないと嫌だった時代もありました。

 

しかし、いろいろなミュージシャンのバックで弾いたり、レコーディングしたり、ミックスしたり
音楽の経験が増えていくと、

 

「ギタリストの拘りはアンサンブルの中ではあまり重要ではない」

 

ということがわかってきます。
勿論、出音は大事です。気に入った音の安心感はプレイにも反映されます。

 

ただ、どのメーカーも質のいいものが出ているので、筆者はまったく拘りがなくなってしまったのです。
なので筆者は、迷わずHOTONESOUL PRESSを選ぶと思います。

 

踏み心地は、こちら側が慣れればいいだけですw

 

みなさんも、今回のランキングに惑わされずに、
自分の中の優先順位をはっきりさせて、ペダルを選んでください。

 

おすすめの記事