当サイトをご覧の方であれば、音楽が好きで自身も何かしらの楽器をやっていたり、
歌っていらっしゃる方が多いと思いますので、移動時もいい音で聴きたい!という方がいると思います。

筆者は家でミックスなどをすることが多く、鑑賞用のヘッドホンは持っておらず
SONYのMDR-CD900STで音楽を聴いています。

 

スタジオモニタだけあって、フラットかつ非常に解像度の高い名器です。
音楽鑑賞用ではないので、ピークオーバーでしっかり割れてくれるところもいいです。

で、こういった解像度の高いヘッドホンで聞いていると、移動時に聞くイヤホンにうんざりしてしまいます。
解像度が低かったり、変な色付けがしてあったり、モコモコしたり。。

原因は様々ですが、とにかくフラットじゃないんですね。
かつ、移動時にケーブルが絡まったり、ケーブルが服にあたる音でノイズが発生したり。。
ストレスが溜まる一方でした。
しかし、今日ご紹介するBluebuds Xでそのすべてが解消できました。

 

Bluetooth 最強イヤホン

Bluebuds X

 

元はスポーツ用に作られた防滴イヤホン

このBluebuds xは、ジョギングやそのほかの運動時に使う用に作られた、Bluetoothイヤホンです。

これまでいくつものイヤホンを試してきましたが、やはりBluetoothイヤホンというものは
音の解像度や音質が下がるものだと思っていました。

これはイヤホンのポテンシャルもあるでしょうし、Bluetoothの限界でもあるし、
何よりプレイヤー側(iphone)の原因だと思っていました。

iphoneはitunesから曲を転送する際に、設定によっては圧縮されたAACに変換されて転送されます。
筆者はあまり容量のないiphoneなので、この機能を使って転送していました。

つまり、iphone側で既に音質は悪くなっていたのです。
しかし、このイヤホン。
聴いてみるとわかります。劣化圧縮した音源なのに、Bluetoothなのに。。
すさまじい解像度と気持ちよさがあります。ちょっとだけシャリシャリしますが。

さすがにMDR-CD900STにはかないません。

でも、それと肉薄する気持ちよさがあるんです。
フラットで癖のない、レコーディングエンジニアが伝えたかった音がしっかり聞けるのです。

なぜこんなに音質がいい(と感じるのか)わかりませんが、
筆者は以来これが手放せなくなくりました。

音質と耐久性ともにBluetoothイヤホントップクラスといえます。

なお、筆者はジョギングなどもしますが、問題なく快適に使っています。
走りながら、ミックスの確認とかもしています。

 

汗による故障は無期限保証

この製品は汗による故障を無期限で保障してくれます。
元々耐久性もいいので、壊れるようなことは少ないだろうと思います。

 

連続再生時間8時間

Bluetoothイヤホンの場合は、ワイヤードとは違い、無線のため充電が必要になります。
充電自体は、専用のものではなくスマホなどのUSBケーブルにて充電できるので、汎用性は高いです。

連続再生もBluetoothなのに8時間もあるので、すぐに電池が切れてしまうなどのストレスは皆無と言えます。

 

オーバーイヤー型とアンダーイヤー型

説明書を見ると装着の仕方がオーバーといアンダーと2種類できます。
筆者はケーブルを耳の後ろからうなじのほうへ流すオーバーが好きなのですが、
説明書では、そうするとLとRが逆になってしまいます。

でも、そのままLは左耳、Rは右耳のままオーバーできるようにイヤーチップを調整すれば問題なく使えます。
ただ、その場合耳の後ろにマイクが行ってしまうので、会話はできないです。

 

イヤホンチップを変える人が多い

BlueBudsXに付属のイヤホンチップに不満があって、
Complyのものに変える人が多いです。

筆者も試してみたのですが、低反発の素材でできており、
すぐ破れてしまうのでダメでした。

現在はaudio-technicaのファインフィットを利用しています。

これ、買ったときはどうやってもハマらないだろうと思ってたのですが、
コツをつかめばあっさりつけられて、製品名のとおりファインにフィットするのでお勧めです。

まとめ

最近はスマートフォンのBluetoothを用いれば、手軽にワイヤレスに音楽を聴けるようになってきています。
Bluetoothとはいえ、イヤホンのポテンシャル次第で音はとことん変わります。

もし、ワイヤレスのイヤホンをお探しの場合は、BlueBudsXも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか?

おすすめの記事