ギターにもいろいろ種類がある

みなさんは普段どのようなギターを使っていますか?
ストラト派、レスポール派?それもPRSやGretchなどの個性的モデルでしょうか?

もし、たくさんのギターを持っていて、それぞれの音が出したいってとき、あなたはどうしていますか?

おそらく、タクシーなりに複数台のギターを積んでライブハウスまで向かう感じになってしまいますよね。
もし、一台のギターでエレキからアコギまで出せるようなギターを探したとき、

一昔前までは、ピックアップから拾った音を普通のアウトプットジャックで主し
アコギっぽい音を出したいときは、ピエゾマイクから拾ったりする方法が主流でした。

しかし、VOXが出したVSS-1はその根底を覆します。

 

これ一本でアコギやバンジョーまで

VOX VSS-1では、普通のフォーンに加え、ピエゾマイク用のキャノンの端子と両方がついている部分があり
これは、一昔前のピエゾ内蔵エレキと大して変わりません。

しかしながらVSS-1のすごいところは、DSPを内蔵していて
ストラトの音や、レスポールの音、はたまたバンジョーやシンセの音まで一本で再現できてしまうところです。

DSPの処理はデジタルで行われるため、アナログのような遅延もほぼ皆無ですし、
たった乾電池4本で11~15時間も稼働させることができます。

また、それらのプリセットはギター本体のつまみで制御可能なので、

Aメロ→アコギ
Bメロ→ストラト
サビ →レスポール

のようにセクション毎にギターを変えることが可能になるのです。

 

 

オールマイティに使えて荷物が減る!

昨今の巷CDでは、バンドのアルバムであっても、メンバーにいない楽器が入っていることが多々あります。

そんなとき、VSS-1があれば12弦ギターやシタールの音も出せますし、
CDのアレンジを再現することが一本で可能になってきます。

コピーバンドなどにも重宝するオールマイティーなギターと言えるでしょう。

 

未来的デザイン

DSPで音を作っているとはいえ、ギターとしてのスペックはしっかりしていなければなりません。
VSS-1はエレキでは珍しい、マンゴーの材を用いています。

例えるならば、メイプルとマホガニーのいいとこ取りの材です。

また、スケールもロングとミディアムの中間となっており、フレットもジャンボフレットを使用することで
プレイアビリティーも非常に高いものとなっており、何よりこの未来的デザインがとても目を引くものとなるでしょう。

VOX Starstream Type1 (VSS-1-FWH)
価格:82080円(税込、送料無料)

 

何でも来いのお仕事ギター

いかがでしたでしょうか?
現在VSS-1はカラーラインナップが5種となっています。

メインのギターはやはりレスポールやストラトなどのほうがいいとは思いつつも、
サブや困ったとき用のお助け何でも来いのお仕事ギターとして、手元に置いておきたい一本だと思います。

 

おすすめの記事