家ではビンテージのギターをかき鳴らせますが、
湿度などの管理が難しいため、ライブやツアーで使用するのはレギュラーラインの高価でないギターを使う人は多いと思います。

しかしながら、やはりビンテージギターのボディーの鳴り、抜けはまだ若い材や、高価でないギターでは適いません。

そんなとき、Swing Chipを使うことで、ポテンシャルを上げることができるかもしれません。

 

img02

 

 

楽器にチップを貼り付けるだけ

このSwing Chipは楽器に貼り付けるだけで、楽器のムダな振動を抑制し、
出音に悪影響を及ぼしていた部分を取り除くことができます。

つまり、どんなに安いギターでも、材の怪しいギターであっても
鳴りや出音を向上させることができるということです。

 

サイズ的には1円玉よりも小さい

このSwing Chipにはいろいろとサイズがありますが、
ギターには標準サイズのもので十分です。

ネックの裏やブリッジ付近に貼れば目立たず、まるでエイジングしたビンテージのような
ビンビンの鳴りを肌で感じることができるようになります。

 

弦マガ編集部も愛用中

テスト的に弦マガ編集部でも、SwingChipを採用しています。

貼り付けるだけで、生音から芯のある音に変わったと認識しています。
もしかしたら、アンプの出音ではそういった部分は感じ取れないかもしれませんが、

ギタリストのプレイアビリティのひとつに、
「お腹に伝わる振動」というのがあると認識しています。

演奏者の体に伝わる振動というのは、出音に影響します。
自分自身が気持ちいいと思わなければ、いい演奏はできないからです。

Swing Chipなら、そういった部分の補助に十分成り得ます。
お値段も1500円で購入できるため、一度試してみるといいでしょう。

 

⇛Swing Chipの詳細はこちら

 

おすすめの記事