こちらの記事でもお伝えした振動型メトロノームSoundbrenner Pulseがついに一般発売されました。

Soundbrenner Pulseとは?

以前はクラウドファンディングのみで販売されていたこの商品ですが、
今回一般発売されました。
Soundbrenner Pulseは従来で音でしか伝えることができなかったメトロノームのパルスを振動で伝えるという画期的アイテムです。

実は振動で伝えるメトロノームというのは他にもありますが、サイズ的に大きかったり、
アタッチメント化されていてどうにも使いづらいものが多かったです。

ですが、Soundbrenner Pulseなら腕時計サイズです。

img_4587

そんなのスマホのアプリでありそう?

振動といえば、スマホのバイブレーション機能で実現できるではないかと思うかもしれませんが、
ライブやリハなどで、スマホが震えたとしても気づかない場合多くないですか?

そう、実はスマホのバイブは意外と弱いんです。
その点Soundbrenner Pulseはスマホの5倍の強さで振動するので、ライブやリハでも気づかないということがありません。

 

音が出ないというメリット

音が出ないメトロノームの何がいいのか?
確かに練習する分には、音の出るメトロノームで十分です。

しかし、ライブではどうでしょう?
打ち込みなどに合わせて演奏する場合、メトロノームの音など流せません。

そんなときSoundbrennerなら、振動で感知することができるのです。
今のところMacのみですが、DAWとの同期も可能とのこと。

 

メンバー間で同期できる

何も打ち込みを流すバンドだけでなく、完全生演奏のバンドでも使えます。
最大5台まで同期ができるので、メンバー全員つけてパルスを感じながら演奏ということだってできるんです。

アマチュアの演奏がヘタと感じるのは、大概の場合はリズムです。

このリズムの安定化をデバイスを用いて向上させるということも可能なのです。
かつ、これを日々用いていれば正しいリズム感も養え、メトロノームを使わなくなったとしてもよいリズムで演奏できるようになることでしょう。

 

舞台上の演出にも

Soundbrenner PulseにはLEDで光る機能もありますので、
いっそのことこのパルスの光を演出として使うことだって可能です。

おすすめの記事