昨今はプロもアンシミュの時代

真空管のアンプは今でも最高ですが、やはり機材トラブルには悩まされます。
真空管がヘタる、ヒューズが飛ぶなど、故障はつきものです。

昨今では、プロのライブでもアンプはハリボテで、実は裏でアンシミュが鳴っているということが多々あります。

Kemperなんかはいい例ですよね。

しかし、これらのデジタル機材はやはりプロユースで価格も20万円ほどするため、
なかなかアマチュアでは手を出しづらく、比較的低価格なLINE6のアンシミュを使っている人も多いと思います。

 

PODはいいけど重い!!

このサイトでは、出音はもちろんですが、それに加えてサイズと重さを重視しています。
特に都心で活躍するミュージシャンたちは、カートを使って移動しなければなりません。

雨の日なんて最悪です。
アンシミュの先駆者であるLINE6製品は、重すぎる!!

できれば軽く!小さく!高性能なアンプを使いたい。
そんな需要に応えてくれる製品がリリースされます。

それが、Atomic AMPLIFIRE PEDALです。

amplifire-heading-1030x455

重さ1055gにアンシミュ、エフェクト一通り

Atomic AMPLIFR PEDALなら、重量はたったの1kgです。

サイズも215 x 164 x 65(mm)ですので、ギグバッグにも入るサイズです。
この中に約20種のアンプモデル、と下記のようなエフェクトを搭載しています。

■搭載エフェクト

ノイズゲート、ワウ、プリEQ、ブースト、アンプ、ボリューム、エフェクトループ、パラメトリックEQ1、パラメトリックEQ2、パラメトリックEQ3、グラフィックEQ、コンプレッサー、エフェクター(トレモロ、コーラス、フランジャー、フェイザー)エコー、リバーブ、キャビネット

MIDIにも対応

背面を見ているとしっかりMIDIにも対応しているので、あなたが普段使っているMIDIペダルで制御することも可能です。

amplifire-back-1200-1030x687

 

 

エフェクトループも搭載

何気に重要なエフェクトループもしっかり搭載しています。これならあなたの拘りのペダルもしっかり接続できます。

USB端子でシステムアップデート

もちろんKemper Profiling Ampのように、システムアップデートしていくことが可能です。

PC画面上でのエディットも可能

小型のアンプとなると、エディットのオペレーションが煩雑になりがちですが、
PCに接続すれば独自のエディット画面で、すいすいルーティングしていくことも可能です。
edit

普段使いから雨の日用まで

いかがでしたでしょうか?
今やアンシミュの王様ともいえる、KemperやFractalのようなシステムに負けない実用性の高さに加え、
前者にはない「小ささ」、「軽さ」を備えているAtomic AMPLIFIRE PEDAL。

これなら、今まで重機を運んでいたギタリストもギグバッグひとつで、リハやライブが可能となります。
また、普段KemperやFractal、その他のマルチ、エフェクトボードを使っている人でも、
雨の日用の機材として大活躍すること間違いなしです。

是非、チェックしてみてください。

 

Atomic AMPLIFIRE PEDAL最安送料無料はこちら↓

 

おすすめの記事