エフェクトボードを組みたいと思ったとき、付属のマジックテープを使っていると
移動して開けたときに、しっちゃかめっちゃかになっていることが多いです。

 

コンパクトエフェクターや、スルーボックスなどの小さいものはこれでも大丈夫ですが、
スイッチャーやワウペダルなどの重いものは、安いマジックテープでは負けてしまいます。

 

強力マジックテープで箱庭を作ろう

では、どのようなマジックテープを使えばいいのか。
今日はおすすめのマジックテープとそれに付随した関連アイテムをご紹介します。

おすすめマジックテープ

One Control

こちらはギター小物を多数出している、One Controlのマジックテープですね。

 

本日ご紹介するものの中では一番弱めのものですが、やはりエフェクターのことを考えて作られていますし、
通常のコンパクトエフェクターなどはこれで十分ではないかと思います。

 

ドリームコーポレーション

ドリームコーポレーション製の強力タイプファスナーです。
こちらであれば、スイッチャー類でも問題なく固定できるでしょう。

 

気を付けなければいけないのは、ボードに貼ってあるのがメスなので、必ず「オス」を購入してください。

 

3M

3M製のデュアルロックファスナーです。世界の3Mはやっぱりスゴいです。

 

今日ご紹介する中では、最強です。スイッチャーやワウにとりつける場合でも、
両端に数センチ大のものを貼るだけで、超強力に固定できます。

 

ほぼ業務用みたいなものです。
強力すぎて、これを外すのに私は爪がめくれたことがあります。

 

無理に引っ張ってボードのメス側が剥がれて木がむき出しになったこともあります。
(通常のボードのメスでもくっつきます。)

 

それぐらい強力なので気を付けてください。
なお、これで固定してしまった場合、オスとメスの間に定規やカード類を押し込みながら剥がすと楽にできます。

 

値段がとても張るのですが、別メーカーで似たようなものもあります。

 

こういったものがあると便利

エフェクトボードを構築するとき、箱庭のように美しくしたいですよね。
そういったときに役立つアイテムも簡単にご紹介しますね。

 

脱脂洗浄剤

マジックテープを貼り付けるのに、エフェクター側が手の油などがついていると、
マジックテープ自体を貼り付けるテープの力が弱くなります。

 

そんなとき、脱脂・洗浄剤を使うと、油がキレイにとれてテープのつきがよくなります。
ただし、エフェクターの塗装によっては、塗装が剥がれたり溶けたりする場合がありますので、よく確認してから行ってください。

 

クリーナー

エフェクターについてる四足がテープで貼っている場合があります。
そういったものを剥がした後、ベタベタの状態でボードを組むのはあまりよくありません。

 

見えない部位ではありますが、この処理が甘いとやはりマジックテープ自体を貼り付けるテープの粘着力が落ちるためです。

 

しっかりとシールはがしでキレイにしてあげましょう。
ただし、これも強力なものを使うと塗装が剥がれたり、溶けたりするので注意してください。

 

おすすめなのは、実はフィンガーイーズです。

本来は指板上の滑りをよくするものですが、代用可能です。

 

ねじりっこ

 

結束バンド

スイッチャーなどでボードを組む場合は、シールドが多数になります。
縦横無尽に配線したシールドをある程度まとめておくととってもキレイに見えます。

そういったとき役に立つのがねじりっこや結束バンドです。

 

固定具

ある程度まとめたシールド類ですが、それだけではあまりキレイにみえないかもしれません。
しかし、この結束バンドの固定具を使って、ある程度レールのように道をつくってあげるととってもキレイになります。

 

ジャンクションボックス

なくても大丈夫なものですが、エフェクトボードを組んだときはInとOutをまとめておくといいです。

 

大きなボードの右側にギターをインプット、
左側からアンプへアウトプットとなると、配線も面倒ですし景観も悪いです。

 

そんなときこのスルーボックスを使えば、InとOutを一か所にまとめられます。

 

 まとめ

お気に入りのエフェクトを多数並べて立つステージは、とても安心感があります。
それをキレイに箱庭のように作れば、ステージや練習のモチベーションも上がります。

 

今日ご紹介したアイテムを使って、あなただけのエフェクトボードを構築してみてください。

おすすめの記事