左利き用のギター??

実は弦マガ編集部担当は左利きだったりするのですが、
ギターは右効き用を使っています。

元々字は右に矯正していたので違和感なく入ることができました。
ですが、生粋の左利きの人がギターを始めようと思ったとき、いったいどっちを買えばいいんだろう?

って悩んだりしますよね。初心者であればそれこそ右も左もわからない状態なのですから。

レフティーは高い?

大半は右効き用のギターが売られていますよね。
その中で見る左利き用(レフティー)は楽器屋さんでもやはり価格も高めな場合が多いです。

ていうかない場合が多いです。

音屋さんであれば、価格も抑えらえたモデルもありますが、やはりバリエーションは少ないと言えるでしょう。

 

レフティーなんて必要ない

これからギターを始めたいと思っている方は、ジミヘンっていう人を知っていますか?
ジミヘンドリックスというギタリストなのですが、この方はギタリストならば知らない人はいない、ギター界のヒーローです。

 

残念ながら1970年に他界してしまいましたが、今でも彼のトーンを追い求めるギタリストは星の数ほどいます。

その彼は、左利きだったのです。

彼の愛用ギターはストラトキャスターというギターですが、
彼はそのギターをひっくり返して、弦を逆に張ることでレフティーギターにしていたんです。

つまり、右効き用のギターもひっくり返せば、左利き用にできるということなんです。

もちろん、そもそも右効き用に作られたものですから、多少ひきづらかったりする部分もありますが、
そのシルエットがかっこよかったために、今では右効き用でもリバースヘッドモデルが普通にあったりするくらいです。

 

松崎しげるさんも

日本でも、松崎しげるさんは左利きのギターを使っています。
ただし、彼はたたき上げの現場育ち。

現場には右効き用のギターを右効き用の弦の順番で張られたギターしか身近になかったのです。

なので松崎さんは、そのギターをそのままひっくり返し、
コードフォームを逆に押さえて、かつストローク(弦を弾くこと)も上下逆で演奏することで対処していたんです。

まとめ

いかがでしょうか?
これからギターを始めたいと思っている方。

きっと初めての方は、試奏もあまりせずに購入だったり、通販で購入という方も多いと思います。
そんなとき、自分は右用を買えばいいのか、左用を買えばいいのかわからなくてもきっと大丈夫です。

ただし、初めてギターを購入されるときは、ヘビーメタルやデスメタルをやりたい方々を除き、
ストラトキャスターというギターがおすすめです。
ひっくり返しても違和感なく弾くことができるためです。

予算にもよりますが、初めて購入される場合は
最安を求めるなら、PlayTechがおすすめです。1万円以内で購入できます。

PlayTech

ある程度の品質を求めるならば、YAMAHAやFUJIGEN、PRS SE、Sterling by MUSIC MAN、Squier by Fenderなどがいいでしょう。

YAMAHA
yamaha-pacifica-series

 

 

 

 

 

FUJIGEN
01

 

 

 

PRS SE
main1

 

 

 

 

Sterling by MUSIC MAN
sterling_by_music_man_ax40_tr

 

 

 

Squier by Fender
ダウンロード

おすすめの記事