最近は、スマホやタブレットを使って、ワイヤードではなくBluetoothで音楽を聴くって方も多いのではないでしょうか?

音楽自体も、Amazon MusicやGoogle PlayMusic、iTunesなど定額サービス聞き放題もたくさんありますしね。

弦マガおすすめのBluetoothイヤホンをご紹介したこともあります。
現在はバージョンも上がり、最新は以下のもののようです。

でも、音楽やる人間にとってちょっと不便だなって感じる部分ありません??

そう、リハ音源を録音しているPCMレコーダー、ハンディーレコーダーはBluetoothに対応しているものがなかったんです!!

せっかくのリハやライブ音源、帰りの電車とかで聞くためには、
ワイヤードのイヤホンも持ち歩かなければならなかったのです。

その不便さも、オリンパスのLS-P2ならBluetooth対応しているので、
スマホやタブレットで聞いているBluetoothイヤホンのまま、ハンディーレコーダーの音も聞くことができるのです!

 

これって便利じゃないですか??

え、別にスマホのマイクで録音できるし。。
このように思う方もいるかと思います。
確かに音質に拘らなければ、PCMやハンディレコーダーで録音する必要はありません。
音質に拘るとしても、ZOOMのマイクを装着することで高音質で録音できます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ZOOM iQ7【p5】
価格:8358円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)

 

でも、例えばライブハウスの後ろのほうに、今や10万くらいするスマホを録音のために放置できますか??
弦マガ編集部担当はそんな怖いことできません。。

また、用途的にスマホで音楽を鳴らしながら、歌を録音したいというときはどうでしょう?

別途録音機器が必要ですよね。
毎日のボイトレやギターの練習は、録音しなければ上達はしません。

そう考えると、ハンディーレコーダーはスマホに加えて必須アイテムなのだと考えられないでしょうか?

 

もちろん96kHz24bit対応!

 

 

 

 

PCMレコーダーはやはり音質が大事ですよね。
オリンパスLS-P2なら96kHz24bit録音/再生が可能です。

シビアな音質を求められる現場でも十分に使用できます。

小さな音で録音しちゃった。。でも大丈夫

オリンパスLS-P2なら、小さな音で録音されてしまった音でもノーマライズという処理で、最大音量を0dBに拡大してくれる機能もありますので、
小さく録音してしまったデータも大丈夫です。

内蔵メモリ8GB搭載!

最近は内臓のメモリを搭載せず、外部メモリのみのものもありますが、
LS-P2は内臓も搭載しています。それも8GB。
もちろん、外部のmicroSDカードにも対応していますので、32GBまで録音できます。

 

75gの軽さ!

一昔前はPCMレコーダーって重かったですよねー。
でも、今は本当に軽いんです。

無くしちゃいそうなくらい軽いです。
LS-P2はたったの75gです。

機材の軽さを推している弦マガとしても大満足の仕様です。

 

単4乾電池で録音再生も10時間以上!

アルカリ乾電池一本で動くLS-P2ですが、その稼働時間も現場使用に十分耐えうるものです。

エネループでも、エボルタでもがんがん使えます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もう、音楽をやる上でワイヤードのイヤホンを使う必要はなくなってきています。

もちろんオシャレとしてヘッドホンをつけるのもいいですが、
我々ギタリストは機材は軽く!少ないほうがよくないですか??

オリンパスLS-P2なら、愛用のBluetoothイヤホンで、リハやライブのレビューが可能です。

是非チェックしてみてください。

 

おすすめの記事